FC2ブログ

電気温水器取替2012/9/13

今回はマンション2Fのお部屋の電気温水器のお取替をさせていただきました。
マンションの一室で脱衣場の横に温水器が設置されております。


まずは温水器内のお湯を抜きます。古い建物の場合、そのまま温水器の排水管に流してしまうと下の階のお部屋で
温水器の排水管から溢れる可能性がありますので、温水器内のお湯はお風呂に排水します。
20120913P1020949.jpg

お湯を抜いている間に既存の配管を外していきます。
20120913P1020951.jpg

既存の配管も外し、温水器内のお湯も抜け終わりましたら古い電気温水器を運び出します。
20120913P1020953.jpg

基礎の掃除をしましたら、新しい電気温水器を入れる前に下準備で後脚固定金具をアンカー2本で止めます。
20120913P1020954.jpg

他にも温水器を入れてからでは作業がし辛い場所を予め終わらせます。
20120913P1020955.jpg

準備が整いましたら温水器を設置し前脚をアンカーで止め、温水器の上部で壁と温水器を金具で固定します。
温水器の固定が終わりましたら配管を組み立てていきます。
20120913P1020964.jpg

給水管の一部に地震等で配管が折れるのを防ぐためにフレキ管というものを組み込みます。
20120913P1020961.jpg

銀色の網目状になっている部分が自在に動くので多少の揺れやズレに耐えられます。
20120913P1020960.jpg

温水器上部の給湯管にもフレキ管を組み込みます。
20120913P1020962_20120913185056.jpg

配管を全部繋ぎましたら温水器内に水を入れ、その間に電線を繋いでおきます。
温水器が満タンになりましたら各所蛇口より勢いの確認、配管からの漏水確認をします。
異常が無ければ配管が凍結しないように保温材を被せテープを巻いて完成になります。
ありがとうございました。
20120913P1020959.jpg
スポンサーサイト



電気温水器のヒーター交換とタンク洗浄2012/9

先日電気温水器のお湯が沸かないとのご連絡をお客様より頂き出向致しました。
温水器の正面が家側を向いており、電気部品が収まっている正面は人一人通れる程のスペースしかありませんでした。


このカバーの中に温水器の電気部品が全て収まっています。
20120907P1020885.jpg

温水器正面カバーを開け電気部品を調べますとヒーターの故障で漏電しており温水器のブレーカーが上がらないという状態でした。
こうなってしまいますとヒーターを取替えない限り正常な状態には戻りませんので、急ぎヒーターの取替準備に取り掛かります。
20120907P1020889.jpg

電気の配線を外しタンク内の水を抜きます。
20120907P1020891.jpg

タンク内の水を抜いたら漏電したヒーターを取り出します。
20120907P1020893.jpg

井戸水ご使用の為、ヒーターには井戸水の成分(カルシウム等)がびっしりと付着しています。
新しく取り付けるヒーターと比べると一目瞭然ですね。
20120907P1020896.jpg

タンク内の底にもこんなに溜まってます。
20120907P1020899.jpg

新しいヒーターを取り付ける前に水も一緒に吸えるこの掃除機でお掃除します。
20120907P1020892.jpg
掃除機のホースをヒーター口に入れお掃除開始です。
20120907P1020903.jpg

ヒーター口が小さい為、キレイサッパリとまではいきませんが錆びも洗い流しました。
20120907P1020907.jpg

お掃除が終わったところで新しいヒーターを取り付けます。
20120907P1020908.jpg

ヒーターを取り付けたらタンク内に水を貯め、電気の配線を戻して完了です。
20120907P1020911.jpg

今回はヒーターのお取替という形で出向させていただきましたが、電気温水器の点検と洗浄を一度もされたことがない方は是非一度、電気部品の点検とタンク内の洗浄をお勧めいたします!

メガソーラー発電所

山梨県甲府市の米倉山(こめくらやま)にできたメガソーラー発電所
「米倉山太陽光発電所」を見学に行ってまいりました。





この建物の周りに大量のソーラーパネルが・・・

20120719SF5.jpg

確か79542枚・・・約8万枚です。
いっぱいです

20120719SF12.jpg

ほんといっぱい

20120719SF13.jpg

敷地は約12.5haあり、
こちらの発電所では年間約1200万kwhの発電量で一般住宅約3400軒分に相当するそうです。

それにしても日陰がなく暑かったです。

おたすけコック使用後の復旧

非常時にタンク内のお湯(水)を使用した後の復旧方法です

逃し弁が開ける(おたすけコックを使用してそのままで開の状態)

20120809OnsuikiP1020758.jpg

給水バルブを開ける

20120809OnsuikiP1020755.jpg

満水になったら逃し弁を閉める

20120809OnsuikiP1020757.jpg

漏電遮断機をON

20120809OnsuikiP1020754.jpg

電気が復旧していれば翌朝にお湯が沸きます。

おたすけコック付電気温水器

温水器交換前

20120809OnsuikiP1020745.jpg


旧温水器撤去後

20120809OnsuikiP1020746.jpg


簡易基礎設置
整地

20120809OnsuikiP1020747.jpg


砂利を敷き転圧

20120809OnsuikiP1020748.jpg


基礎設置

20120809OnsuikiP1020749.jpg

温水器設置

20120809OnsuikiP1020751.jpg


20120809OnsuikiP1020752.jpg


おたすけコック使用方法

漏電遮断機をOFF

20120809OnsuikiP1020753.jpg


給水バルブを閉める

20120809OnsuikiP1020756.jpg


逃し弁を開ける(タンク上部)

20120809OnsuikiP1020758.jpg


タンク正面の蓋を開ける

20120809OnsuikiP1020759.jpg

おたすけコックが使えます

20120809OnsuikiP1020761.jpg

非常時の生活用水として利用できます
プロフィール

staff

Author:staff
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR